【目的別】無料の日本語WordPressテーマおすすめランキング15選

「無料で使えるおすすめの日本語WordPressテーマは?」

「日本語対応の無料WordPressテーマが知りたい」

「企業サイトにも使いやすい無料WordPressテーマはあるの?」

WordPressのテーマは無料、有料、国産、海外テーマ含めて数多くの種類がリリースされており、どのテーマがサイトの目的や取り扱うジャンルに合っているのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、日本語対応したWordPressテーマの選び方と、人気のおすすめWordPressテーマをランキング形式でご紹介します。

機能、デザインに優れた無料テーマをピックアップしたので、日本語の無料WordPressテーマをお探しの方はぜひチェックしてみて下さい。

日本語WordPressテーマの特徴と選び方

日本語での表示に最適化されている

日本語WordPressテーマは日本語が綺麗に表示されるようにデザインが組まれています。海外のテーマは英語での表示に最適化されているため、日本語で表示すると行間が狭すぎたり、文字が大きすぎたりします。

そのため、日本語でサイトを運営するためには日本語テーマであるかは大切なポイントです。

サイトの目的に合っているかどうか

サイトの目的や種類によってもおすすめのWordPressテーマは違います。サイトの種類は大まかに、ブログやアフィリエイトサイトなどのブログ型と、企業サイトや公式サイトのようなホームページ型に分けられます。

ブログを作りたいのか、企業サイトを作りたいのかで選択するテーマは変わるため、自分のサイトの目的を明確しておきましょう。

トラブルやアップデート対応など開発が続いているかどうか

WordPressテーマは企業や個人が開発し、配布や販売を行なっていますが、テーマによっては開発やサポートが終了していることがあります。

開発やサポートが終了したテーマはWordPressがアップデートや新しく配布されたプラグインに対応せずに使えなくなってしまうことがあります。

そのため、トラブルやWordPressのアップデートへの対応が続いているかどうかもテーマを選ぶ際のポイントです。

無料のWordPressテーマのメリット・デメリット

次に無料WordPressテーマのメリットとデメリットについて紹介します。

無料のWordPressテーマのメリット

  • 気軽に複数のテーマを試せる
  • カスタマイズしやすいシンプルなテーマが多い

無料のWordPressテーマのデメリット

  • 機能やデザインが充実していない
  • 更新やサポート体制が整っていない
  • 専門の知識がないとカスタマイズしにくい

総合評価が高いおすすめの無料日本語WordPressテーマ2選

まずはブログから企業サイトまで幅広い用途で使用できる汎用性の高い無料の日本語テーマを2つ紹介します。

テーマ選びで迷ったらとりあえず以下の2つをチェックしてみてください。有料テーマに匹敵する機能・デザイン・カスマイズ性が魅力です。

Cocoon(コクーン)

Cocoon

【公式サイト】https://wp-cocoon.com/

Cocoonは無料とは思えないような高機能、高性能な最強なWordPressテーマです。基本的なデザインや機能の設定から、SNSやSEOなど詳細な設定などが専門知識不要で専用の管理画面からボタン一つで設定できます。

ブロックエディタに対応しており、文字装飾やブロックの挿入も簡単にできます。

ブログやホームページ型サイトまで幅広い用途に利用できる万能テーマです。

yStandard(ワイスタンダード)

ystandard

【公式サイト】https://wp-ystandard.com/

yStandardはカスタマイズを前提に制作された無料テーマです。カスタマイズ画面からボタン一つでデザインや機能の調整ができます。

カスタマイズを前提としたテーマのため、デフォルトでは無駄な余白(paddingやmargin)が設定されておらず、カスタマイズしやすいのも特徴です。

ブログやアフィリエイトサイト向け無料の日本語WordPressテーマ9選

続いてブログやアフィリエイトサイト、オウンドメディアなどのブログ型サイトにおすすめのWordPressテーマをご紹介します。

Simplicity(シンプリシティー)

Simplicity

【公式サイト】https://wp-simplicity.com/

SimplicityはCocoonと同じ開発者のわらひでさんが制作した、Cocoonのベースとなった無料テーマです。Cocoonほどではないものの、無料テーマと思えないような高機能なテーマで、専用のカスマイズ画面からボタン一つで設定を変更できます。

SEOの内部対策済みのため、ブログやアフィリエイトサイトの運営におすすめのテーマです。

Xeory Base(セオリーベース)

Xeory Base

【公式サイト】https://xeory.jp/template/xeory-base/

Xeory Baseはコンテンツマーケティングで有名なバズ部が開発、配布しているブログやアフィリエイトサイト向けのテーマです。

既存の設定では最低限の機能やデザインしか調整できませんが、HTMLやCSSを用いたカスタマイズ次第で汎用性の高いテーマです。

コンテンツマーケティングに必要なSNSシェアボタンやSEOの設定が付いています。

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas

【公式サイト】https://thk.kanzae.net/wp/

Luxeritasは高速の表示速度が特徴のWordPressテーマです。SEOにおいても、ユーザー目線でもサイトの表示速度は大切なポイントです。読み込み時間が1~3秒の場合は離脱率は32%ですが、1~10秒の場合は123%も上昇すると言われています。

マテリアル

マテリアル

【公式サイト】https://wp-material.net/

マテリアルは2014年にGoogleが発表したデザインのガイドラインであるマテリアルデザイン(物質的なデザイン)を採用したWordPressテーマです。

立体感のあるデザインはユーザーをサイトの操作で迷子にさせません。良いテーマですが使用しているサイトが少ないため、人と被らない無料テーマを探している人にもおすすめです。

Emanon Free(エマノンフリー)

Emanon Free

【公式サイト】https://wp-emanon.jp/emanon-free-theme/

Emanon Freeはブログやアフィリエイトサイト向けのWordPressテーマです。EmanonシリーズのEmanon Proという有料テーマの機能をコンパクトにまとめた無料テーマです。

Emanon Proの購入を検討している方は、まずEmanon Freeを使用してみると良いでしょう。もちろん、多少の機能制限はありますが、Emanon Freeを無料のまま使用することもできます。

LION BLOG

LION BLOG

【公式サイト】http://lionblog.fit-jp.com/

LION BLOGは人気の有料テーマTHE THORと同じ開発会社のフィット株式会社が配布しているブログ向けの無料テーマです。

THE THOR同様にAMP対応、SEO最適化、レスポンシブ対応しているため、ブログやアフィリエイト初心者の方におすすめです。

LION MEDIA

LION MEDIA

【公式サイト】http://lionmedia.fit-jp.com/

LION MEDIAはLION BLOGと同じシリーズの無料テーマです。LION BLOGはブログ向けですが、LION MEDIAはアフィリエイトサイトやオウンドメディアに向いているテーマです。

ランキングやピックアップ記事の設定機能などのウィジェットが使用できます。

Write(ライト)

Write

【公式サイト】https://wordpress.org/themes/write/

Writeは書くための作られたWordPressテーマです。無駄な装飾を省いたシンプルでミニマムなデザインはまさに文章を書くことに集中できるテーマです。

ややデザインの構造にクセがあるためカスタマイズがしにくいですが、シンプルなデザインは完成しているため、ブログや日記などそのまま使用することがおすすめです。

habakiri(はばきり)

habakiri

【公式サイト】https://habakiri.2inc.org/

habakiriはBootstrapをベースに作られているブログ向けのWordPressテーマです。有料テーマSNOW MONKEYの開発者である北島さんが制作したテーマです。

トップページにスライダーを設置できるため、最近記事を設置したり、トップページを固定ページに設定することで企業サイトのようなホームページ型のサイトも制作することができます。

企業サイト、コーポレートサイト向け無料の日本語WordPressテーマ4選

最後は企業サイトやコーポレートサイトなどホームページ型のサイトにおすすめのWordPressを紹介します。

BusinessPress(ビジネスプレス)

BusinessPress

【公式サイト】https://businesspress.jp/

BusinessPressはビジネスサイト向けの無料WordPressテーマです。個人的に3日で企業サイトを作ってほしいと言われたら、BusinessPressを使用します。

BusinessPressはWordPressの公式テーマとして登録されており、サポート体制も揃っています。

日本語の表示に最適化されているため、CSSでデザインの調整をしなくても美しいデザインのサイトが制作できます。

Lightning(ライトニング)

lightning

【公式サイト】https://lightning.vektor-inc.co.jp/

【デモサイト】https://lightning.vektor-inc.co.jp/demo-site/

Lightningは企業サイト向けのWordPressテーマです。よくある企業サイト、コーポレートサイトが簡単に制作できます。

Xeory Extension(セオリーエクステンション)

xeoryextension

【公式サイト】https://xeory.jp/template/xeory-extension/

Xeory ExtensionはXeory Baseと同じバズ部が配布している企業向けのテーマです。企業サイト、コーポレートサイトなどの制作に向いています。

Xeory ExtensionもXeory Base同様にカスタマイズ前提のテーマのため、ノーコード、ローコードでカスタマイズできる範囲は限られますが、ベーステーマとしてはクセがなくカスタマイズしやすいです。

Biz Vektor(ビズベクター)

bizvector

【公式サイト】https://bizvektor.com/

Biz Vektorは昔ながらのデザインの企業サイトが作成できるWordPressテーマです。デザインはやや古い印象を受けますが、お堅いイメージや信頼性を表現することができます。