競合サイトが使用しているWordPressテーマやプラグインを調べる方法

サイト制作やブログ運営をしていると、他社のサイトや競合サイトが何のWordPressテーマを使用しているか気になった経験はないでしょうか?

私もサイト運営や制作をしている中で、デザインがおしゃれなサイトや高機能なサイトを見つけると何のテーマを使っているんだろうと調べることがあります。

自分が運営しているサイトではない場合もWordPressテーマや導入しているプラグインは簡単に調べることができます。

そこで、この記事では競合が競合サイトの使っているWordPressテーマやプラグインを調べる方法について解説します。競合サイトの分析やWordPressテーマを探している方に参考になれば幸いです。

また、WordPressテーマ名から使用しているサイトを逆引きできるサイトも紹介するので、特定のWordPressテーマを使用したサイトを一覧で見たいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

競合サイトの使っているWordPressテーマやプラグインを調べる方法【Google Chromeデベロッパー機能を使用】

まずは外部のサイトを使用せずにPCだけでできるやり方から。Google Chromeのデベロッパー機能を使用するとWordPressテーマを調べることができます。

当サイトを例に実際にやってみましょう。

1.デベロッパーツールを起動する

まずはGoogle Chromeでテーマを調べたいサイトを開き、デベロッパーツールを起動させます。

デベロッパーツールの開き方は2つあります。

  • 右クリックをして「検証」を選択する
  • 右上の3つの点→「ツール」→「デベロッパーツール」

基本は右クリックで検証を選ぶのが簡単です。

しかし、サイトによっては右クリックができないように設定されているため、その場合はメニューバーから開くのがおすすめです。

2.「source」を選択して、「wp-content」→「Themas」をクリック

次にデベロッパーツールの「source」を選択します。

そして、左側にあるpageの中から「wp-content」を探して、その中にある「Themas」をクリックします。

すると、以下のように「Themas」の中を見ることができます。

この「Themas」の中のファイル名が=テーマ名である可能性が高いです。

3.「ファイル名+WordPress」でGoogle検索する

当サイトは賢威というテーマを利用しているます。そのため、ファイル名は「kini8~」となっています。実際に「keni8 WordPress」とGoogleで検索すると、テーマの販売ページや関連記事がヒットします。

今回は日本語のテーマでしたが、海外のテーマでも同じように調べることができます。

また、「Themas」のファイルの中にある「plugin」を展開することで、導入しているプラグインも同様に調べることができます。

競合サイトの使っているWordPressテーマやプラグインを調べられるサイト

デベロッパーツールを使う方法は、慣れれば簡単に調べることができますが、デベロッパーツールに慣れていない人は少しややこしいと感じている人もいるのではないでしょうか?

そこで、次は簡単に競合サイトの使用しているWordPressテーマを調べることができるサイトをご紹介します。

WHAT WORDPRESS THEME IS THAT?

【サイトURL】https://whatwpthemeisthat.com/

トップページに検索窓にテーマを調べたいサイトのURLを入力することで、テーマ名とプラグインを調べることができるサイトです。

IS IT WORDPRESS?

【サイトURL】https://www.isitwp.com/

IS IT WORDPRESS?も同様に調べたいサイトのURLを入力することで、テーマ名を検索できるサイトです。基本的にはWHAT WORDPRESS THEME IS THAT?の方が性能がいいので予備として紹介しておきます。

マニュオン WP-Search

【サイトURL】https://wps.manuon.com/

上記2サイトは海外のサイトでしたが、こちらのマニュオン WP-Searchは日本語のサイトです。WordPressテーマやプラグインだけではなく、使用しているレンタルサーバーも調べることができます。

WordPressテーマを使用しているサイトも一覧で掲載されているので、カスタマイズやサイトのイメージを確認したい時にも参考になります。

しかし、こちらのサイトはテーマを検索すると、サイトの情報を誰でも見られる状態でデータベースに保存されるため、アフィリエイトサイトが競合にバレたくない場合などは自分のサイトを検索するのは避けた方が良いでしょう。

一方でサイトを検索してサイトに情報が掲載されると、サイトからの被リンクがもらえるため被リンク対策になるというメリットもあります。自身のサイト運用の目的によって使い分けるのがおすすめです。

特定のWordPressテーマを使用しているサイトを逆検索する方法

今回は競合サイトのWordPressテーマやプラグインを調べる方法について紹介してきました。最後に特定のWordPressテーマを使用しているサイトを逆検索できるサイトをご紹介します。

WordPressテーマからサイトを逆引きすることで、購入を検討しているテーマの実例を見ることができます。そのため、サイト運営やテーマのカスタマイズの参考になることでしょう。

サイトの逆検索は、Themes info WordPress Theme Detectorというサイトから検索できます。

【サイトURL】https://themesinfo.com/

1.右上の検索窓からテーマ名を検索する(英語)

トップページの右上にある検索窓からテーマ名を検索します。海外のサイトのため英語での検索が望ましいです。GoogleChromeのデベロッパーツールで調べたテーマのファイル名を入力すると、正確に検索することができます。

今回は当サイトで使用している「賢威」を例に行っていきます。賢威のテーマファイル名は「keni8」なので、「keni8」で検索してみます。

2.検索結果から自サイトで使用しているファイル名を選択する

テーマ名で検索すると、ファイル名ごとにテーマが一覧で表示されます。親テーマのまま使用しているサイトと子テーマで運用しているサイトに分かれて表示されます。

基本的には子テーマを使用している場合が多いので、「テーマ名(子テーマ)」や「child」が含まれるものを選択します。今回は左上を選びました。

3.テーマ詳細の下部から確認したいサイトを選択する

テーマを選ぶと以下のようなテーマの詳細ページが表示されます。

そして、このページをスクロールするとテーマの詳細の下部に、このテーマを使用しているサイトが一覧で表示されます。

確認したいサイトをクリックすると、サイト詳細が表示されます。

サイトのスクリーンショットの上部にあるサイトURLをクリックすると、実際にサイトに移動できます。

まとめ

今回は競合サイトなど他サイトの使用しているWordPressテーマやプラグインを調べる方法についてご紹介しました。

GoogleChromeのデベロッパーツールでも簡単に調べることができますが、紹介したサイトを使用すればボタン1つで検索することが可能です。

また、特定のWordPressテーマを利用しているサイトの逆検索をすれば、購入や利用を検討しているサイトのカスタマイズのアイディアも実例から確認することができます。

ぜひ、気になるサイトやテーマがある場合には活用してみてください。