Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

180226_資生堂CPB_poster-19.jpg

Home

video Block
Double-click here to add a video by URL or embed code. Learn more

プロフィール 概念

書家。伝統的な書の世界を伝えつつ、独特のスタイルを持ち、音楽や芸術とのコラボレーションなど、書道を総合芸術として昇華させる独特の世界観は高く評価されている。海外でも積極的に活動し、生演奏との融合から生まれるライブ書道は世界中で多くのファンを魅了している。

2014年 FIFA W杯日本代表新ユニフォームのコンセプト「円陣」揮毫。

ミャンマー連邦共和国の国軍司令官公式訪問において椿山荘にて揮毫。

タイにて、1日1万人を動員したTVドラマのプロモーションイベントでパフォーマンスやワークショップを成功させた。

パリやNYでも個展、2014年にはフランスで10ヶ所に及ぶライブツアーを成功させ、NYではグラミー賞を受賞したMaria Schneider OrchestraのメンバーJay Anderson(b), Frank Kimbrough(pf), Gary Versace(accordion), またGil Evance Project のAdam Unsworth(hr)と共演を重ねる。

2015年 イタリアにて、ミラノ万博の日本館認定イベントにてインスタレーション披露。

イタリアBERETTA社 THA SO6 EELL PROJECT カタログ/プレスリリースロゴを制作。

また、日本を代表するジャズピアニスト石井彰カルテットと共演、書家として初めてモーションブルー横浜に出演した。

2016年 在アメリカ合衆国日本国大使館JICC個展含む6都市14回のパフォーマンス、レクチャーを行う。

2017年 ギタリストYvan Knorst氏とのツアーでフランスに招聘され10か所でのパフォーマンス及び講義を行う。

2018年 株式会社資生堂 クレ・ド・ポー・ポーテにて「6人の女性たち」に選ばれる。同年9~12月、サンフランシスコ公立図書館メインロビーで個展開催。同年、フランスでのJAZZフェスティバルに招聘され、2019年フランスでのパフォーマンスツアーも決定されている。また、日本オラクル株式会社の3フロア壁書画を制作するなど枠を超えた活動を広げている。

過去には、ダイナース銀座ラウンジやホテル日航東京で個展、リーガロイヤルホテル、グランドハイアット東京、横浜ベイシェラトンホテルTHE LOUIS XIII EXPERIENCE、日本橋三越、新宿伊勢丹などホテルや百貨店でのイベントにも多く出演する。

自身が手掛ける、持続可能なコラボレーションを追求する「二人展」で生まれたアクセサリーブランド ~en~縁 は、デザイナー「RYONA」によるアクセサリーと書のコラボで、渋谷ヒカリエやアベノハルカス近鉄本店などを経て、様々な会場で展示販売されている。

また、映画「かぐや姫の物語」の演奏担当した古筝奏者:姜小青他、浅草ジンタ、類家心平(RS5pb)CDジャケットロゴ、リーガロイヤルホテル「鉄板焼 みや美」のロゴを制作した。

現在の作品制作では、画家 ピエール・スーラージュ氏の作品に感銘を受けたスーラージュの情景シリーズ、円相をテーマにした作品、「一」をモチーフにした作品群を手掛けている。

そして、四谷三丁目 喫茶茶会記 書道サロン主宰、表参道書道教室講師他、船橋市教育委員会の事業「先生はアーティスト」にて特別授業も行う他、書道作品のオーダーも随時受け付けている。

【概念】

私のジャズと書道のコラボの原点は、ジャズと書道の即興の共通性についての対談にあった。

(松井秋彦氏によるセレンディピティについての考察@喫茶茶会記)

きっかけになったのは、マイルス・デイビスのアルバム「Kind of blue」に書かれたビル・エバンスのライナーノーツである。

「芸術家が自発的にならざるを得ない日本の視覚芸術がある。芸術家は極薄い紙に特別な筆と黒い水(墨)を使って書く際、動作が不自然になり中断されると、線は乱れ、紙は台無しになる。消去や修正は不可能だ。芸術家は熟考が介入することのできない直接的な手法を用いて、手と脳のコミュニケーション(交感)により、瞬時にそのアイデアを表現させるという特別な鍛錬を積まなければならない。」

だから生に勝るものはないと思っているし、模倣はできても藝は盗まれない。

書は「一回性」のものであるから、醍醐味であるワクワク感に任せようと思っても、瞬時に対応できる手がないと不可能。だから的確な確実な準備を怠ってはならないのであり、それゆえ、全てにおいて相思相愛が成り立つのである。いつ求められても応えられること。

「藝に遊ぶ」という言葉があるように、教養が増えれば増えるほど表現の幅も広がる。

そしてそのうち、ちょちょいと書いてよと言われ始める。

「楽に見えれば一人前」である。表面は白鳥のように優雅でも足元は必至でなければいけない。

「書はひとなり」私の人生は常に書にあらわれる、という覚悟。

 

同時に想いも伝わる素晴らしい書道というツール、方法、文化、芸術、表現。

 

瞬間的に心をとらえるセンス、空間の美しさ、書の線質を追及し続ける。

伝統的な書の世界を伝えつつ独特のスタイルで、総合芸術としての書道を探求する。

 

私は、書道を通じてすべてに関わることができると思っている。

だから書くこと、書道で表現すること、に関してすべてを引き受ける。

 

地域に生きて社会に貢献し、人と繋がって世界と繋がって、持続可能な融合を追求しながら、日本に生き続ける。全てに感謝し、その瞬間を共有したい。

 

「私のスタイルを実際に生で見て体感・体験してほしいと願います。」